ぼくが学生時代に奴隷になったことは、ヴィジュアルみたいバンドの後発だ。

わたしが学生時代に下部になったことは、ヴィジュアルつながりバンドの二番煎じだ。

要因は、ユニバーシティ時代の近所にヴィジュアルつながり(以内Vつながり)の音響を聴かせてもらった振る舞い。
根っから面白いキャラクターではなかったのでその独特でダークな視点にはまり、そこからさまざまなバンドの音響を聴くようになりました。

とあるタイミング、いろいろあって精神的にどん底の状態になってしまったのですが、とあるバンドの曲に元気づけられ「ライブをめぐってみたい」
というようになりました。
初めは何やらV系のマニアについて「怖みたい」というフィーリングを持っていたわたしですが、現にライブに行ってみるといった極めて思いにならず、
ライブがおわってからは寧ろ「楽しかった」という気持ちだけが残っていました。
そこから日雇いをがんばり、日雇い代のほとんどをつぎこんで複数のバンドのライブに足を運ぶようになりました。

わたしがVつながりにはまって良かったことは、用件の大小が広がって行ったことのない場所にも困惑無く伺えるようになった振る舞い。
そうして特に、Vつながりを通じてかけがえのない近所に出会えたことです。

今は洗いざらいライブには行かなくなってしまいましたが、こういう見聞ができたことは今でも大切なメモリーになっています。レイク 即日

ぼくが学生時代に奴隷になったことは、ヴィジュアルみたいバンドの後発だ。